Amazonで1000円トクしちゃう方法
PC周辺機器

AUKEY 5ポートUSB充電器レビュー!QC3.0にも対応した急速充電タップ

Aukey 5ポートUSB充電器アイキャッチ

複数台のガジェットを使いこなす人にとって、もはや必需品と言っていいUSB充電ポート(USB充電タップ)。

特に、急速充電に対応したものがあると、いざという時に助かるのでとても便利ですよね。

しかし、パワーの大きい急速充電器を使うと、端末が対応する限界を超えてしまって、故障の原因となることがあります。

 

そこでおすすめなのが、AUKEYの5ポートUSB充電器。

AUKEY独自の技術・AiPowerによって、各端末の限界の電流量を読み取り、それを超えない範囲で急速充電をしてくれるのです。

 

しかもAndroid端末などでの超急速充電が可能なQuick Charge3.0に対応したUSBポートも1つ装備。

端末に優しい、しかも合計5つのポートを装備したハイスペックなUSB充電ポートです。

Aukey 5ポートUSB充電器の前面Aukey 5ポートUSB充電器の前面。オレンジのジャックがQC3.0に対応、緑色のジャックがAiPowerにそれぞれ対応している

 

側面にある、端子の表示ロゴと反対側の側面には、AiPowerとQuickCharge3.0、それぞれのロゴが記載されている

 

※QuickChargeについては、下記の一部で「QC」と表記しています。

 

AUKEY 5ポートUSB急速充電器の概要

Amazonでは星4.3の高評価を獲得(執筆時点)ているこの5ポートUSB充電器。

まずは、本品のウリを整理してみましょう。

 

AUKEY 5ポート急速充電器のココがスゴい!
  • 安定した電力供給が可能
  • 他社製品より安く、高コスパ
  • 発熱やコイル鳴きなどトラブルの少なさ
  • シンプルでスタイリッシュなデザイン

 

Amazonで見ても、やはり多くの人が評価しているのが電力供給の安定性。

USB充電器として、一番必要な要素を本品はしっかり抑えています。

 

また、レビューではトラブルの報告もあまり見られません。電力供給はもちろん、全体的に安定性の高い商品といえそうです。

その他、デザインを褒める声や、3000円程度と安価であることをありがたがる声が多く見られました。

 

そんな本品を、reviewfunでは、以下の項目について星5点満点で採点していきます。

  • 電力供給
  • トラブルの少なさ
  • 総合評価

 

AUKEY 5ポートUSB充電器の内容物AUKEY 5ポートUSB充電器の内容物。本体のほか、コンセントケーブル、取扱説明書、そして怪しげなカードが1枚……

 

怪しげなカードの正体何か、悪しき魔物でも封印されていそうな謎のカード。と思いきや……

 

AUKEY 5ポートUSB充電器の保証書まさかの保証書でした。なんだかがっかりさせられたような……

 

Quick Chargeとは?

米国・クアルコム社が開発した、スマートフォンやタブレットの急速充電の規格。

QuickCharge3.0搭載の場合、非対応端末と比べ、約4倍もの高速で充電できる。

Android端末に広く普及しており、QuickCharge2.0の場合、最新のAndroid端末のほぼ全てが対応している。

 

AUKEY 5ポートUSB充電器の評価は?

AUKEY 5ポートUSB充電器の評価は以下の通りです!

成績通知表「AUKEY 5ポートUSB充電器

電力供給

トラブルの少なさ

総合評価

ひとことAiPowerが便利!高い安定性を誇る1台!

編集長
編集長
詳しいレビューは下記をどうぞ!

 

電力供給ー速度はマックスではないが、信頼性十分

星4.0

本品のUSBポートは、接続端末の許容量にあわせて電流の大きさを調整するAiPowerに対応したものが4つ、一部Android端末の急速充電QuickCharge3.0(以下QC)に対応したものが1つ装備されています。

まずは、AiPower対応端子から見ていきましょう。

iPhoneのほか、1A以上の電流には対応していないVape(電子タバコ)で試してみました。

 

AiPowerでの電流量をiPhoneでチェック

まずはiPhoneから。

ちなみに使用機種はiPhone7 Plusです。

iPhone7Plusを、AiPower対応ポートで充電

iPhoneをAiPower対応ポートで充電

流れた電流は1.10Aでした。もちろんケーブルは、Apple純正のものを使用しています。

 

さらに、Apple純正の充電器から充電した場合、電流の大きさはどうなるか調べてみました。

Apple純正充電器での検証

Apple純正品を使用した場合の電流量は0.97A。AUKEY 5ポートUSB充電器を使った場合より1割ほど小さい値になっています。

つまり、AUKEY 5ポートUSB充電器は、Apple純正品の1.2倍程度の充電速度なのです。

 

この速度は、超急速充電というほど早いものではありません。

ですが家で使うには十分な速さですし、バッテリーの寿命も考えれば適切な電流の大きさといえます。

 

AiPowerでの電流量を、電子タバコ「Vape」でチェック

次に、筆者が時たま吸っている電子タバコ、VapeでAipowerの安全性をチェックしてみました。

実はこのアイテム、1A以上の電流を流すと壊れてしまう可能性があるという困ったシロモノです。

しかして結果は……

VapeでAiPowerの機能をチェック

無事、1A以下の電流で充電できました。

AiPowerは、特段急速充電ができるわけではありませんが、機器のバッテリーを長持ちさせられるだけの安全性を備えているといえますね。

 

QuickCharge対応ポートも、AiPowerに対応している模様

5つのポートを備えている本品。

うち4つのポートはAiPower対応ですが、もうひとつはQuickCharge3.0対応ポートとなっています。

 

これがAiPowerに対応しているのか、チェックしてみました。

同じく、まずはiPhoneからです。

QC対応ポートからiPhoneを充電

先ほどの、AiPower対応ポートの電流量(1.10A)から少し低下しましたが、Apple純正品よりは1割ほど速い充電スピードとなっています。

 

続いて、Vapeです。

QC対応ポートでVapeを充電

こちらも、AiPower対応ポートで充電したときの0.73Aより数字を落としましたが、安全な電流量で充電できています。

 

どうやら、QC対応ポートでは電流量が落ちてしまうものの、AiPowerと同様、充電先の端末によって充電量を調節する機能が備わっているようです。

おかげで、このQC対応ポートが無駄になることもなく、八面六臂ならぬ、五面六臂の活躍をしてくれそうですね。

編集長
編集長
僕は、QC対応端末を所持していないので、その調査は後ほど……!

 

以上の結果より、本品の電力供給は高い安定性を持っているといってよいでしょう。

急速充電という側面からみると、本品の充電速度は特別速くはないものの、安全性という面では高い信頼性を誇ります。

Anker PowerCore10000でiPhoneを充電実際、急速充電器として有名なAnker PowerCore10000でiPhone7Plusを充電すると、本品を上回る数字が出た

 

家庭で使う分には十分な信頼性を誇る点は満点要素ですが、速度はマックスというわけではないことから1点を減じ、電力供給についての評価は星4.0としました。

 

編集長
編集長
この電子タバコ、一度充電量オーバーで壊したことがあるので、この安全性はありがたい……!

 

トラブルの少なさー発熱は多少あるが、それ以外はなし

星4.5

AUKEY 5ポートUSB充電器が評価されている点の1つ、トラブルの少なさ。

筆者が5ポート同時に1週間ほど使ってみた感じでは、ホッカイロほどではない程度に軽い発熱がありました。

 

もうひとつ例を挙げてわかりやすくしますと、PS4と同じくらいかそれよりもやや控えめな印象でしょうか。

 

というわけで、順番にして表してみるとこんな感じですね。

 

発熱の大きさ(筆者の体感)

ホッカイロ>AUKEY 5ポートUSB充電器≧PS4>MacBookProの充電器

※あくまで筆者の印象であることをご容赦ください)

 

発熱は多少はあるが気にならないレベルといってよいと思います。

 

なお、コイル鳴きなど、発熱を除くトラブルは筆者のテストでは確認できませんでした。

発熱が多少ある点だけを考慮し、トラブルについての評価は星4.5。

ただ、この程度の発熱はよくあるレベルであり、ほぼ満点といってよいと思います。

 

編集長
編集長
辛口レビューなのでどうかお許しを!

 

総合評価ー高い安定性が光る、信頼できる商品

星4.5

先に書いた通り、AUKEY 5ポートUSB充電器の大きなウリは高い安定性です。

充電速度こそやや控えめですが、少なくともApple純正の充電器よりは早いという結果が出ており、特に不満を抱かれるものではないでしょう。

トラブルも少なく、全体的に高い信頼性のあるアイテムといえます。

 

なお、いままでデザインや大きさに触れていませんでしたが、本体のサイズは手のひら大。

USBポート充電器としては標準的なものです。

AUKEY 5ポートUSB充電器のサイズ本体を筆者が手で持つとこんな感じ。筆者の手はかなり大きいので、通常の人なら手のひら大サイズになるはず。黒の本体はホコリが目立ちやすいので気になる人は注意したい

 

 

また、コード長は1mあるので、大抵の人は余らせることになるでしょう。

AUKEY 5ポートUSB充電器のコード。長くて太い。マジックテープでまとめられる機構は便利

 

USB充電器に安全性を求めるならピカイチのアイテムである本品。

総合評価は(星4.0と迷った末、)不満がほとんどないことを重視して星4.5としました。

 

なお、価格は3000円ちょいとお手頃。USBの充電でお困りの方、導入されて損はありませんよ!

こんな人におすすめ
  • 家で使いやすいUSBポートを探している
  • 他製品を使っていたが、過去に充電トラブルに見舞われたことがある
  • Quick Chargeに対応した端末を使用している

 

編集長
編集長
側面が平らなのを活かし、ベッド横に貼り付けて使っている人もいるようです!

 

ちなみに、QuickChargeに対応しないモデルなら、1000円ほど安くなります。

QuickChargeなんて使わない!という方はこちらを購入しましょう。

編集長
編集長
Appleユーザーなら迷わずこっち!

 

AUKEY 5ポートUSB充電器のカタログスペック

搭載技術:Quick Charge3.0、AiPower

入力:AC100-240V

AiPower USB出力:最大5V 7.2A

Quick Charge3.0USB出力:3.6-6.5V 3A、6.5-9V 2A、9-12V 1.5A

総電力:55.5W

サイズ:W90mm×H60mm×D25mm

重量:149g

ABOUT ME
はたの編集長
はたの編集長
誰もが知っている出版社/IT企業への勤務を経て、フリーライターとして独立。GetNavi webなどの外部メディアへ記事を寄稿しています。本サイトは身の回りのお気に入りガジェットをレビューできればと思いスタートしたのですが、もはやガジェット以外も入り乱れた構成になっております。
Amazonでちょっとお得に買い物ができます!

Amazonでお特に買い物をするなら、Amazonギフト券を活用しない手はありません。

方法は簡単! 買い物の前にAmazonギフト券を購入チャージしておくだけです。

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

もらえるポイントのパーセンテージは以下の通り。

1回のチャージ額通常会員プライム会員
5000円~1万9999円0.5%1.0%
2万円~3万9999円1.0%1.5%
4万円~8万9999円1.5%2.0%
9万円~2.0%2.5%

特に、Amazonプライム会員なら、使わなきゃ損です。

しかも、初回のチャージなら1000円分のポイントをもらえるというキャンペーンもあります!

Amazonで買い物をするその前に! ギフト券購入チャージを行っておきましょう!